• HOME
  • 尼崎の相続税理士が教える!「遺言書のメリット」

尼崎の相続税理士が教える!「遺言書のメリット」

こんにちは、相続税理士の香川晋平です。

前回は遺言書の書き方について解説しました。
「遺言書の書き方」の記事はこちら

今回は、遺言書のメリットについて解説します。

 

香川晋平

 

相続人以外にも財産を渡すことができる

遺言によって実現できることは意外にたくさんあります。

たとえば、「この家は次男に相続したい」「この現金は長女に渡したい」というように、相続させる財産を誰に相続させるかを指定することができます

それは、同様に親族以外にも財産を残すことができます

事実婚の状態にある配偶者、介護で世話になっている長男の嫁などは相続人にあたりません。
つまりそのような人たちには相続遺産は分割されないということです。

もし、財産の一部を残してあげたいと考えるのであれば、遺言の作成によって実現することができるのです。

遺言がなければ、相続人全員が集まり、法定相続分通りにどの財産を誰がもらうか話し合いで決めることになります。

相続人の中には「寄与分」を求めてくる人もいるでしょうし、具体的な分割の方法がまとまらないこともよくあります。

遺言を残すことは遺産分割に関わるトラブルを回避するうえでも重要です。


トラブル回避ができる

わずかな財産であっても、いざ相続となると「少しでも多くもらいたい」という心理が働きトラブルが生じるケースが多くみられます。

相続するだけで手に入る財産があれば、自然と争いに発展する可能性は高くなってしまうものです。


さらに、こういったトラブルには第三者の思惑が関わってくることもあります。
たとえば、相続人同士で話が済んでいても、相続人の妻が怒鳴りこんできて、話がまとまらないケースが多々あります。

遺言を書くことで、自分の意思を文書で整理し伝え、相続人同士の無用なトラブルを未然に防ぐことができます。

「遺言書なんて先の話」と思っている方も、検討してみる価値は十分にあるはずです。


 

遺言書には上記のようなメリットがありますが、慎重に作成する必要がありますので、専門家にご相談されてみることをオススメします。
もちろん、私どもでも遺言書について、しっかりアドバイスさせて頂きます。
尼崎、西宮、伊丹、宝塚、大阪市西淀川区などの阪神間で相続にお困りの方は、お気軽にご相談下さいませ。

 



あんしんガイド

 

 

相続手続き・相続税申告に関する基本的な知識をまとめました


 

フッター画像

無料相談のご案内

料金表

事務所概要

スタッフ紹介

お客様の声

 

お気軽にご相談ください ご相談のご予約 平日10:00~18:00 03-6408-2791