• HOME
  • 自分で手続きしたことによる失敗事例

自分で相続手続きをしたことによる失敗

相続手続きをご自身で行おうとお考えの方は、まずこちらのページをお読みください。
自分で手続きをしようとして、失敗してしまったという方は少なくありません。

ここでは、自身で相続を手続きすることで、陥りがちな失敗をお伝えいたします。
 

失敗1: 相続は手続きが煩雑で多いため、本当に大変だった・・・

相続手続きは、基本的には故人の財産すべての名義を変更する必要がありますので、やるべきことが非常に多く多岐にわたります。
はじめて体験するような手続きのことも多く、ご自身でやられた方にお聞きすると「本当に大変だった」と言われます。

中には期限のある手続きもあり、期限を過ぎてしまったことで痛い目にあったという方もいらっしゃいますので、注意が必要です。
 

失敗2: 相続人を間違え、最初からやり直しに・・・

相続手続きは戸籍の収集をし、相続人を確定するところがスタートになります。
この相続人の確定は、法律の基づき確定させるのですが、慣れていないと相続人を間違ってしまうことがあります。

後から「自分も相続人だ」という人が現れたりすると、相続を1からやり直さなければいけません。
絶対の自信がある方以外は、専門家に相談されることをお勧めいたします。

 

失敗3: 分割の方法を失敗して、家族が争いに・・・

遺産の分割方法や進め方を間違うと、家族や親族で争いに発展することが少なくありません。
特に不動産をお持ちの場合には、売却をして分配するのか、誰かが住む場合には他の相続人にどのように財産を分配するのかなど、非常に複雑になります。

財産が多いから相続争いに発展するわけではなく、相続税がかからないご家庭でも争いになることは少なくありません。
スムーズな分割をご希望の方は、取り掛かりが肝心ですので、慎重に進められることをお勧めいたします。
 

失敗4: 相続税の評価方法を間違えて、税金をたくさん支払うことに・・・

相続手続きの中でもっとも専門知識で差がつくのが、相続税の評価方法です。
税理士の中でも評価額に差が出るので、専門知識のない方がご自身で評価・計算をすると、とんでもない結果になる可能性があります。

そもそも、相続税の計算は簡単なものではなく、ほとんどの方が税理士に依頼されます。
10ヶ月という期限もありますので、専門家に依頼されることをお勧めいたします。

当事務所では、これらの失敗に陥らないためのサポートをしております。
お気軽にお問合せください。



あんしんガイド

 

 

相続手続き・相続税申告に関する基本的な知識をまとめました


 

フッター画像

無料相談のご案内

料金表

事務所概要

スタッフ紹介

お客様の声

 

お気軽にご相談ください ご相談のご予約 平日10:00~18:00 03-6408-2791